ストレスが原因で出やすい症状と可能性のある病気と予防策


飲酒や喫煙や運動不足や寝不足や栄養バランスの悪い食事や肉体疲労やホルモンバランスの乱れや冷えなど、不調や病気の原因には様々なものがありますが、ストレスもその一つです。職場での人間関係や家庭内でのトラブルや騒音問題や通勤時の混雑や暑さや寒さなど、ストレスの原因になり得るものは日常生活の中にあふれています。ストレスが原因で出やすくなる症状としては、頭痛や腹痛や胃痛や下痢や吐き気や肩こりや腰痛やめまいや倦怠感や食欲不振などがあります。これらの症状は日常的に起こり得るものであるため、軽視されがちです。しかし、胃潰瘍や十二指腸潰瘍や過敏性腸症候群や神経性胃炎などの内臓疾患や、不眠症や自律神経失調症やうつ病などの精神疾患など重大な病気に発展する可能性もありますので、軽視するのは危険です。ストレスによる不調や病気の予防対策としては、無理をせずにしっかりと休息を設けて睡眠時間もきちんと確保する、スポーツやアクティビティで体を思いっきり動かして汗をかく、趣味に没頭して気分転換を図る、ヒーリングミュージックやアロマテラピーやハーブティーやマッサージで心身ともに癒されるなどがあります。自力での対処が難しい場合は、精神科や心療内科の医師に相談してみましょう。