ストレス耐性が強いと出世する!?は間違い優秀な人材とストレスの関係


ストレス耐性が強いと出世をするというのは間違いです。仕事が出来る人は、上手くストレスを解消してストレス耐性をつけるのではなく、息抜きを上手くすることが出来る人が仕事ができる人と言うことが出来ます。ストレス耐性が高いと色々な事を抱え込んでしまうことが多くなり、自分で乗りこなしていくことも出来ますが、どこかでパンクをする可能性が高くなります。優秀な人材で出世が出来る人は、ストレスを解消させる息抜き方法を持っているので、パンクする事もありません。仕事ができる人ほど、オンオフスイッチの切り替えができるようになっており、仕事でなんらかしらのストレスを持つことがあってもそれを個人趣味の釣りブログなどで好きなことに集中させるなどして私生活に仕事を持ち込むこともしません。ストレス耐性が高い人は、オンオフスイッチの切り替えが難しく、私生活にも仕事を持ち込むことになるので、中々結果を出すことが出来ない状態です。仕事ができる人はその様な事もなくプライベートも大切にします。プライベートを大切にするので、ストレス耐性を持っていなくても仕事に対して前向きな姿勢を持つことが出来ます。また仕事ができる人は、出世をする為の処世術も心得ているので、周りからの評判も良い事が多い状態です。ストレス耐性が強いのはメリットではありますが、仕事に集中しすぎて周りが見えなくなる場合もあります。